睡眠導入剤を通販できる個人輸入代行サイトってどんなサイト?

睡眠導入剤が通販できる理由は、薬機法(旧薬事法)に基づく個人輸入という方法にあります。

海外から直に購入するのであれば、本来なら処方箋が必要な睡眠導入剤でもインターネット購入が可能。
個人輸入の方法とルールを学んで、安心・安全な睡眠導入剤の通販利用を心がけましょう。

睡眠導入剤を個人で輸入するってどういうこと?

睡眠導入剤の個人輸入について解説

個人で輸入するなんて、いかにも難しそう・・。

たしかに、取引相手となる海外業者を探すだけで一苦労だし、外国語を使って正確に注文できそうにないし、通関手続きもめんどくさそう。

現実的にはかなり大変そうですが、それでも睡眠導入剤の通販が広まっているのは個人輸入代行に特化した通販サイトがあるからなんです。

通販サイトを利用するにあたって、個人輸入のルールと通販の裏側について少し掘り下げてみていきましょう。

これが大切!個人輸入のルール

睡眠導入剤を個人輸入するにあたって知っておくべきことは、主に3つ。

✔ 自分で使うために買う(ほかの人に譲る・転売することはダメ!)
✔ 医薬品の輸入は用法・用量の1ヵ月分まで
✔ 購入や服用は自己の責任のもと行なう

厚生労働省のホームページには、「自己の個人的な使用に供することが前提」と記載されています。
通販した睡眠導入剤を家族や友達にお裾分けすることはもちろん、メルカリやラクマなどのフリマサイトで販売することも禁止されています。

また個人輸入は、自己判断・自己責任で行なうもの。

買った睡眠導入剤がまったく効かなかった
飲んだら激しく体調を崩した
副作用がひどすぎて通院することになった

こういった結果に陥ったとしても、公的な救済制度の対象外
睡眠導入剤について十分な知識を持ち、細心の注意を払ったうえで、購入・服用するよう心がけましょう。

個人輸入代行サイトが便利すぎる!

睡眠導入剤の通販は、個人輸入代行サイトを使うからとっても簡単に済ませられるのです。
購入者はスマホやパソコンから注文し支払いを済ませればOK!
あとは代行サイトが海外の業者へ注文内容を伝えてくれるので、商品が届けられるのを待つだけです。

個人輸入のながれ

海外業者が日本へ向けて発送するので、商品が手元に届くまでには1~2週間ほどかかります。
欲しいときにまだ届かない・・なんてことにならないよう、日数にゆとりを持って注文を済ませておきましょう。

睡眠導入剤を通販するのはなぜ?

睡眠導入剤は本来、精神科や心療内科などで処方してもらうべき医薬品です。
医師と顔を合わせて症状を相談し、自分の病状にピッタリな薬剤を出してもらうのがもっとも安全で安心な方法。

それでもなぜ、自己責任で行なう通販というツールが選ばれているのでしょうか。

睡眠導入剤を通販で買うメリット

睡眠導入剤をネット購入して得られる最大のメリットは、手間が省けるということ。

生活圏内にある病院を探す
仕事の都合をつけて病院に予約を入れる
実際に病院へ足を運ぶ
診察を受ける

睡眠導入剤を手に入れるまでのプロセスを細かくたどっていくと、なかなか面倒で時間のかかることだとわかります。

また通販なら診察を受けずに薬を買えるので、余計な費用がかからないのもうれしいポイント。
診療や検査の費用、調剤費用、病院までの交通費・・。「睡眠導入剤が欲しいだけなのにいちいちお金を払うなんてバカらしい」という人にとって、薬の代金だけで済む通販は合理的な手段だといえます。

デメリットもある睡眠導入剤の通販

利便性の高い通販ですが、欲しい時にすぐ手元に届かないのがデメリット。

注文して即日発送されたとしても、海外から日本に運び込まれて通関を済ませ、自宅に配達されるまでに2週間前後はかかってしまいます。

「そろそろ薬がなくなりそう」と気づいたタイミングで注文しても間に合わないことがあるので、服用ペースをチェックしたうえで余裕を持って購入しておくことが大切。

また通販サイトによる代金持ち逃げや、偽造薬などのトラブルもないとは言えません。
自己責任で行なう個人輸入では、信頼性の高いサイトを見つけて利用することが自分の身を守るカギなのです。